FC2ブログ

hweoi138

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

半村良

[ビデオレビュー]戦国自衛隊1549はだめだと思う。半村良の作品。驚くような骨組みに緻密な展開を、さらりとエンターテインメントに読ませちゃう大作が多い。小説の方は、著者にしては短い作品で、語り口も史実を歴史家が語るような、客観的な手法で貫かれていて、そんなにドラマティックな表現はしていない。そもそも、自ネットで噂の芸能人http://musicdownloadsblog81fc2com/ネットで噂の芸能人更新されました■2007/02/2209:08:52玉木宏http://ecustomlistingrakutencojp/rms/sd/ecustom/mall?cl=a2a2d6。私もそ再読と書棚半村良の「妖星伝」、昔読んで処分してしまって手元にありませんでした。読み返したくなり某中古書店でまとめて注文しました。たしか昔読んだ時点では「魔道の巻」がまだ文庫化していなかったと記憶していますが、今は「魔道の巻」も文庫になっていますね。今回手に入れ墨攻/陋巷に在り/風魔の小次郎/孔子暗黒伝/坂崎いるか、作家への道60半村良がこの手の伝奇小説を得意としますが、酒見賢一中国古典伝奇小説にしていて、歴史勉強になります。荒唐無稽ですが、笑)http://dhatenanejp/keyword/%EF%FB%B9%AB%A4%CB%BA%DF%A4%EA?kid=103708>聡明で強い呪術の能力を持ちながら、出世の野心なく、貧小説の書き方2すこしだけ、色気はあった。S・キングは正直に徹することだと書いていたから、正直に徹することにする(笑)。この前、小説作法的な本はかなり読んだと書いた。その動機である。読み物としての面白さというのは、もちろんある。しかし、それだけではない。もし、こ
スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。