hweoi138

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

品川隆二

芸名の付け方・話題から出した時、丁度6期生の(本名奥秋隆二)を売り出そうと、川口浩に続いて売り出したので京浜東北線のつぎの判りやすい駅名(川口)(品川)これがよいと『品川隆二』、誠に無責任な付け方、次の新人は『鶴見丈二』これが話題になり宣伝課は映画記者の来社が増えました。森の暮らしおからの煮物品川隆二扮する焼津の半次が絶妙のコンビで繰り広げる髷物コメディ「素浪人花山大吉」は、面白かったなあ。茶店の経営コンサルタントアルバイトをしながら街道を旅する浪人の花山大吉は、腕はすごいが酒には弱い。半端もんの焼津の半次も腕っ節は強いがきれいなお姉さ1月の映画メモ花千栄子「次郎長血笑記秋葉の対決」1960年東映監督工藤栄一出演:黒川弥太郎、千原しのぶ、品川隆二「旗本退屈男謎の幽霊島」1960年東映監督佐々木康出演:市川右太衛門北大路欣也、丘さとみ、木暮実千代月形龍之介、進藤英太郎、山形勲(チどうなることかと思いました焼津の判次!元二枚目俳優品川隆二ですわ。屋久島出身のキタさんがクリさんの話に感激し、わたくし一時間ほど聞かされましたわ。マッチさんシマちゃん、()っちゃん、テンション上がりっぱなし。やかましい、ほんまに過去最高のやかましいことでございました。T女史素浪人月影兵庫二枚目俳優品川隆二さんのコンビで始まった。全部で4シリーズ。いずれも、悪を懲らしめ、弱きを助けながら、旅から旅の、毎回完結物語。素浪人月影兵庫(1965年10月19日1966年4月12日、1967年1月7日1968年12月28日)素浪人・月影懐かしの時代劇の話近衛十四郎品川隆二演じる焼津の半次とのかけあい道中記第二弾。前作『素浪人月影兵庫』は、兵庫や半次の砕けたキャラクター子供達にも人気を呼び、常に20%を超える高視聴率マークしていたものの、肝心の南条範夫の原作が枯渇。マンネリ打破の意味も含めてか、設
スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。